2プライスオーダーメイドスーツ bref

神田店 Staff Blog

2018/7/9

コットンスーツの魅力 

毎度ありがとうございます神田店のdaizoです。

本日はコットンスーツの紹介、ウール素材のスーツは持っているがいつもと少し違うスーツスタイルでお洒落を楽しみたい、かと言っていつも作っているデザインを全般的に変えるのも困る(*_*)

何かいいものはないかこのような時に活躍するのがコットン素材(^O^)

コットンスーツは王道のスタイルで作ればビジネスシーンでも着用は可能なのです。

※ 但し服地の色は選びます。当然ビジネスですからネイビー、ベージュ、カーキの無地で着たいものです。

ブルー等の少し鮮やかな色目は別のシーンで着用しましょう。

天然繊維のコットンは吸湿性、保湿性、そして通気性に優れた生地であることが魅力。

優しい肌触りから、夏用のカジュアルジャケット、ベスト、スラックスとして定番の生地です。

※コットン素材に関しては基本、出来上がり地の着用感には硬さがつきものです。

冬物素材のツイード服地とは全く違うものですが両素材とも着用を重ねるうちにだんだんと自分の物になってきます。少しばかりへたれてくるこれが魅力なのです。

昨今、コットン素材と言ってもコットン100%の物もあれば、ポリウレタンが少し入ったストレッチ地も増えてきています。

下記の画像のコットン素材も6色の内、4色はコットン95%に対してポリウレタンが5%入ったストレッチ地になります。

それぞれ独特の着用感になります。

詳しいことはお店のスタッフにご相談くださいませ。

 

20180607_180707_0071

シングルお仕立て上がり28,000円プラス 消費税

ご注文時にスペアスラックス&ベストを購入の際は、各10,000円プラス 消費税で作ることが可能です。

絶対にお買い得ですよ(^O^)

 

20180607_180707_0063

ライトブラウンで作ったコットン100%スーツ、ベストがあるとVゾーンもお洒落感が増します。

画像のネクタイはシルク100%素材ですがこれからの夏場はニットタイがお勧め。

色はこげ茶色、もしくはネイビーの無地を合わせるとお洒落度がアップ(^<^)

釦は貝釦風のホワイトを合わせてみました。この場合はカジュアルな感じとなります。

ビジネスを意識した場合はつや消し(マット)ベージュ、薄いブラウンの釦が合います。

イタリアンスーツがお好みの方は厚みの薄い釦でカサネ釦仕様でオーダーしてもいいですね。

20180607_180707_0064

 

裏地は赤色のシマ柄を合わせてみました、いかがでしょうか?

名刺入れのポケット(下方チケット)は付きませんが出来るだけ軽くて涼しくという方には画像の様な半裏仕様で作るのもお勧めですよ。

それではまた来週、失礼します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブレフHPからも生地はご確認いただけます!

ブレフHPの生地画像はこちらをクリック!!

2weeks

≪神田店営業時間≫

11:00~20:00

神田店は20:00まで営業しておりますので、 お仕事帰りや、銀座、東京、浅草方面に お出掛けの帰りでもまだまだオーダー承れます♪

≪ルート案内≫

JR線『神田駅』南口・銀座線『神田駅』1番出口より徒歩5分

中央線で東京駅から2分、銀座線で上野駅から5分、 銀座駅からも6分とアクセスも簡単♪

↓↓詳しくはこちら↓↓

kanda地図

所在地 〒101-0044 東京都千代田区鍛治町1-8-5 新神田ビルディング1F

Tel 03-5297-2008(店舗直通)

Mobile 090-6487-1593

営業時間 平日・土曜日:AM11:00~PM20:00

日曜日・祝日:定休日

≪神田店スタッフより≫

ブレフ唯一の路面店で、ゆったり落ち着いた雰囲気となっております♪

周りを気にすることなくゆっくり店内をご覧いただけますよ♪

また予約いらずでスムーズにご案内可能となっております♪

神田地区でスーツをお探しの方は 是非ブレフ神田店をご利用くださいませ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブレフのオーダースーツは

●¥28,000(+税) ¥38,000(+税)の2プライス

●承りからお渡しまで納期は2週間

●全ての生地に+¥10,000(+税)で 替えスラックス付きの2パンツスーツ、ベスト付きの3ピーススーツがご注文いただけます。

 

『ブレフのオーダースーツは最短2週間でお受取可能!!』 納期ご案内スーツのご準備は是非お早めに!皆様のご来店をお待ちしています。

 

関連記事

ページの先頭へ戻る