秋冬スーツに衣替え!季節感のある素材特集

秋冬スーツに衣替え!季節感のある素材特集

2016/10/19

1019
10月になると、そろそろ本格的に衣替えをはじめる人も多いのでは? スーツを新調するのなら、今年はより秋冬らしさを感じられるものにしてみてはどうだろう。オールシーズン使える素材は便利だが、その時季らしさを楽しめるものも用意しておこう。
今回は、秋冬に映える素材を紹介しよう。それぞれの特徴を詳しく説明するぞ!
ぜひ、スーツを選ぶ際に役立ててくれ。

  1. “ツイード”で小粋なおしゃれスタイルに
    いつものスーツより異彩を放つツイードは、羽織るだけでおしゃれ感が出せるね。コンサバな着こなしに飽きてきたときは、ツイードのスーツでカントリー調の雰囲気を出してみるのもいいだろう。そもそもツイードとは、太い手紡ぎの糸を手織りしたスコットランドの織物。目の粗いざっくりとした素朴な厚手の織物で、耐久性に優れている。糸を何色もの色に染め、独特の模様を作っているのが特徴的だね。丈夫で暖かいことも人気の理由だ。
  2. カジュアル感もきっちり感も得られる素材
    ツイードは糸の組み合わせによって雰囲気が変わるのが魅力。渋めな色合いでも、よく見るとラメが輝いていて、華やかさが感じられるものもある。ツイードはもともと屋外での作業着として作られたもの。のちにイギリスで上流階級の紳士に愛用されるようになったという経緯があるんだ。そのため、ツイードが本来持つカジュアル感を楽しむことができ、なおかつイギリス紳士のようなきっちりとした印象も得られるのが特徴だ。ただし、イギリスでは乗馬や狩猟などのアウトドアの衣服として発展したものだから、格式高い場所に行く場合は避けた方が無難かもしれないね。
  3. “フランネル”なら温かみのある印象に
    デキる男と思わせる冬素材といえば、フランネル。上質なウールの起毛と柔らかな雰囲気が大人の余裕を感じさせるね。フランネルは、糸を縦横1本ずつ交差させる平織りと2本おきに交差させる綾織からできたウール生地に起毛加工を施したもの。保温性が高くて暖かいうえ、軽くて着心地が良いのがうれしいところ。そのマイルドで温かみのある印象から、包容力のある男性を想像させる織物といえるね。
  4. 冬のアーバンスタイルに最適
    フランネルをおしゃれに着こなしたいなら、ライトグレーやネイビー色のスーツがおすすめだ。優しそうなイメージが好みであればライトグレー、より都会的に仕上げたいならネイビーがいいだろう。フランネルはビジネスシーン以外にも活用できる。カントリー調のツイードでは難しいパーティーシーンも、フランネルならOK。ドレッシーなデザインにしておくと最適だね。秋冬感漂うきちんとしたスーツが欲しいキミは、フランネルを選んでおくといいだろう。
  5. 着やすさで選ぶなら“サキソニー”がおすすめ
    いつもの感覚で冬素材を着たい場合は、サキソニーを選ぼう。フランネルよりも薄手なので、抵抗なく着られるだろう。光沢があり、しっとりとなめらかな手触りで、保温性にも優れているぞ。フランネルに近い風合いを楽しみながら、着やすさを高めたいキミにぴったりの素材だ。
  6. 秋冬素材でおさえておきたい一品
    独特の風合いのツイードや厚手のフランネルをビジネススーツとして着ることに抵抗がある人もいるだろう。まずは、秋冬素材のデビューとして取り入れやすいサキソニーを選ぶと安心だね。一般的なスーツに使われるサージでは味わえない起毛感を楽しむことができるよ。
  7. 素材感で秋冬のおしゃれを楽しもう
    オールシーズン対応のスーツが主流になっている現代では、紹介したような素材のスーツは贅沢に感じられるかもしれない。だが、私服で季節に合わせた服を着るのと同様に、ビジネスシーンでも時季に合ったものに変えることは自然なことだ。服装に気を使うことで、仕事にも熱が入るもの。秋冬素材でおしゃれを楽しみながら、大人の男の余裕を見せてみてはどうかな?