ウールの特性

ウールの特性

2019/12/04

スーツ生地の中心であるウール生地。ウール100%だと上等な印象ですね。とはいえ,ウールの何が良いのかは意外と知らない方もいると思います。

 

 

■ウールの特性

・保湿性

まず特筆すべき点に保湿性があります。羊毛は縮れた毛でできているので空気の含有量を多い構造を持っているので暖かさが保てるわけですね。もう一つに保湿性を持ち合わせていてさらに暖かさを維持できるわけです。

 

・弾力性

羊毛の繊維は良く伸びます。30%くらい伸びると言われてます。そして伸ばすのを止めると概ねすぐ元通りに戻る復元力があります。織物になってもこの性質が変わらないので,型崩れしにくい素材なんです。

 

・染色性

これも忘れてはいけませんね。ウールはどの染料とも馴染む上に抵抗性も高いので,変色や色落ちに強いと言われてるわけです。

 

他にも

・毛玉になりやすい

・防炎性(燃えないわけではない)

・フェルト化する

などいろいろありますが……。

 

スーツにはウールの生地の方がメリットは多い気がしますね。

XTPP1688